よく見てから契約しましょう

コメントは受け付けていません。

ウォーターサーバートップ

水の関心は高いけれど、サーバーには向かないことも多いです。水に含まれている菌や放射能が気になる人の方が多く、安全な水を求める気持ちもわかりますが、実はサーバーが雑菌まみれになることもあります。メンテナンスでそれを防ぐことができますが、メーカーそれぞれ違いがありますので、よく見てから契約をすることをおすすめします。

メンテナンスを怠るとどうなる?

メンテナンス

雑菌が増えることになります。サーバーの種類によって異なりますが、冷水や温水を出すことができるサーバーはタンクに水を貯めて温度を調節します。そのタンクからパイプを通して水が出てくることから、どうしても空気に触れてしまい雑菌が増える環境ができてしまいます。水の温度調節をして繁殖しにくい環境を作っていますが、それでも長期間になるとメンテナンスが必要になります。

天然水は雑菌を寄せ付けない塩素が含まれていません。塩素があるからこそ水道水の水を飲用することができており、仮にサーバーに雑菌が繁殖してしまうと、とどまることなく増える環境になってしまいます。ウォーターサーバーのメンテナンスは定期的に必要であることがわかるでしょう。

メンテナンス方法

サーバーによって異なります。以前までは1年や2年でメーカーから新しいサーバーが送られてきて、それでメンテナンス完了させるのが主流でした。現在はサーバー自体にメンテナンス機能が付いており、不要なサーバーも増えています。クリーン機能が付いており、そのボタンを押すことで勝手にメンテナンスを行ってくれるうれしい機能になります。

これがあれば綺麗な状態を維持できますので、雑菌が気になる方はクリーン機能が付いた、メンテナンス不要のサーバーを求めると良いでしょう。ただこのような高性能のサーバーは、レンタル料が掛かったり、毎月規定のボトルを注文しないとレンタル料が無料にならないサービスが付いていることが多いです。契約内容をよく見てから検討しましょう。

見落としがちな3つの箇所

内部はメーカーやサーバー機能でカバーすることができますが、外部は利用者が行うことになります。実はこの外部こそ繁殖がしやすいですので注意してください。まずボトル周りは、水の差し口あたりが雑菌が繁殖しやすいですので、定期的に掃除をしましょう。あと蛇口も要注意です。手で扱う箇所であり、雑菌が増える環境にあります。そして受け皿はコップを置いたり、また水を受ける箇所になり、空気に触れることで雑菌が増えやすいです。

掃除の仕方は清潔なふきんやキッチンペーパーで吹き上げ、仕上げに除菌用アルコールで拭くと完了します。サーバーの内部よりも繁殖しやすい箇所になりますので、定期的に掃除をしておきましょう。

こんなメーカーもある

クリーン機能がついているメーカーもありますが、除菌が繁殖しにくいサーバーを開発していることもあります。タンクに水をためずに直接ボトルを冷やすタイプのサーバーも。ただこの場合温水ができませんので、それはあきらめないといけません。他にはボトルに蛇口が付いているタイプで、ボトル交換をするときに一緒に蛇口も交換できるタイプもあります。外部に触れる箇所である蛇口の交換がその都度できることから、雑菌の繁殖がしにくい環境を作ることが可能です。

メーカーによって違いがありますので、雑菌が気になる方はこのようなタイプを求めると安心できるウォーターサーバーの導入ができるはずです。

赤ちゃんや高齢者のことを考えたサーバーを

ボトル

免疫力が弱い赤ちゃんや高齢者がいるご家庭では、これらのことは重大な検討事項になります。水ばかりに関心が行くあまり、サーバーに無関心になっているのはよくありません。必ずメンテナンス方法は確認しておきましょう。水自体の安全性は多くのメーカーが管理していることからあまり心配はいりません。肝心なことはサーバーがどんなタイプであるかになります。免疫力が弱い赤ちゃんや高齢者がいる方は、サーバーの雑菌に注意してください。

基本は3つの無料

ウォーターサーバーを導入するときに考えてほしいのは3つの無料です。サーバーレンタル料と配達料、そしてメンテナンスが無料になるサービスです。多くのメーカーがメンテナンスを無料にしていることが多いです。ただしコースによっていろんな条件を設けていることも多いのがウォーターサーバーです。月にボトルを規定数注文すると、3つの無料が提供されたりといろいろあります。

水代が他のメーカーよりも安いけれど、実はメンテナンス費用が掛かるようなこともありますので、契約内容をよく確認しておかないといけません。基本は3つの無料になりますので、ここを基準として水素水サプリメーカーを選ぶことをおすすめします。

初めてウォーターサーバーを導入する人にとってみれば、どんなタイプを選ばないといけないのかわからないはずです。雑菌が気になるのであれば、内部でクリーン機能が付くタイプを使用し、気になる3か所は定期的に掃除をすることをおすすめします。

Copyright (c) 2013 電気代の安いウォーターサーバーはこちら! All Rights Reserved.